読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shiori

世にも恐ろしい腐女子

【観劇】舞台「青の祓魔師」京都紅蓮篇


舞台「青の祓魔師」京都紅蓮篇(青エク)観てきました。

原作の京都編の2度目の舞台化。
青エクの京都編は本当におもしろいし、演出の西田さんの殺陣もいつもかっこいいので期待して行ったのですが、本当にとってもよかったです!

とにかくキャストが全員最高にすてき~!という感じ。
ビジュアルが出た時点で、北村諒さんの燐と宮崎秋人さんの雪男は最高にぴったりだし、松村龍之介さんの金造はすごくかっこいいし…で期待高まっていたのですが、生で見ると全員本当によかったーー!よかったよーー!

北村くんはもはや西田さんの舞台ではおなじみなので、うまくはまるんだろうな~という絶対の安心感がありました。
とはいえ、個人的には燐のような「ジャンプの主人公!」みたいな役を演じている北村くんを観るのが初めてだったので、どんな感じなんだろう??と思いつつ。
実際に観た北村くんの燐は、にかっと笑う笑顔とまっすぐに周りに向かう態度が印象的な、まさに奥村燐でした。
そして、とっても美しい男の子!!!!

ちなみに、私が観た回では、北村くんが喉をやられていて声がかすれてしまっていたのがとっても残念でした。
すごくいい燐だったからなおさら!
原因はど素人の私にはわからないですが、叫ぶ演技とか、声の出し方がいつもと違っていて、無理がかかりそうな感じだったかな…?
最近の2.5次元舞台では、俳優さんが声優さんの演技に寄せようとしているのかな?と思うことが結構あって、原作好きとしてはすごくうれしいし感動するのだけど、別人が演じていることはわかっているのであんまり無理しなくていいよーと無責任に思ったりして……。

秋人くんの雪男は本当に雪男!まさに雪男!
眼鏡もホクロも、エクソシストの制服もぴったりで、まさしくそこにいたのは奥村雪男そのもの!
青エクでは雪男が一番好きなので、本当に出てくるたびに興奮しました…。
藤堂三郎太と戦うシーンでは、雪男の孤独と苦悩、父と兄への気持ちが見ているのも苦しくなるぐらい伝わってきてしんどかった…。

ほかの出演者の中で、特に印象に残ったのは、しえみちゃんと蝮!

しえみちゃん役の前田希美さんは、見た目がかわいいのはもちろんのこと、声もすごくかわいくて、しかも聞き取りやすかった~。
必死になってにーちゃんを呼ぶ姿は、まさに「しえみちゃんがいる…!」と思いました。
あとねー、本当に脚が細い…!足!足細い~!!って思いながら、ずっと凝視してました。

蝮役の田野アサミさんは、配役が発表された時点で、めっちゃ合う!と思っていたのですが、やっぱりすごくぴったりでした。
2.5次元舞台に次々出ていらっしゃいますが、どの舞台でも田野さんが演じるって思うと楽しみになる。
本当にすてきな人だ~と思います。

結構前の方のサイドシートだったこともあり、途中舞台上で何が起きているのかわかんない~!ということもあったのですが、キャストの素晴らしさもあって、あんまり気にならなかったです。
ただ、原作を知らないと「これどういう意味?」と思うセリフや場面も多そうだったので、もしも再演などあれば原作を一読してから観るのがオススメ!です。
原作もめっちゃおもしろいし、アニメもやるので!

とってもよかったので、ぜひとも京都編の先のストーリーも舞台化してほしいな~。