shiori

世にも恐ろしい腐女子

【観劇】CLUB SLAZY ―Another world―

『CLUB SLAZY ―Another world―』観てきました。

独特の世界にどっぷりハマった~!という感じ。
新宿FACEという会場も普通の劇場とは違う雰囲気なので、いつもの観劇とは違うな!という気分が盛り上がりました。

今回は、Qの語りを中心に、現在と3年前のCLUB SLAZYを行ったり来たりする構成。
Actが自分探しの旅に出た理由と彼の現在も知れます。

3年前のナンバー1Willを演じた東啓介くんは本当に手足が長い…!
美しい顔立ちと相まって、その場にいるだけで『この人はきっと神様に選ばれた人だ……!』という圧倒的な感動があります。

ナンバー2のV.Pを演じたkimeruさんは、本当にいつどんな役でも素晴らしくて「観れてよかった!」と思わせてくれる方。
今回も歌も演技もすてきでした。

Willはとても心が弱くて、他のslazyと比べると控えめ。V.Pの後押しがあってようやくステージに立っている感じ。
結局、その弱さが彼にCLUB SLAZYを捨てさせる原因となってしまう。

追われる恐怖に怯えるWillの弱さ、私は共感するものがありました。
何も考えなくてもよい世界に惹かれてしまうときは誰にでもあると思うし、それがwillのような人なら尚更だよね、と。

そしてActもまた、とっても弱くて悲しい人だった。
Eyeballの身に起きたことも悲しいし、自分がEyeballだったら本当につらいと思う。
彼の身に起きたことが、いつか自分の人生にとって意味のあることだったと言ってもらえたら…と思っております。

ところで、千秋楽にはCB様も出演されたとか…!観れた方うらやましいです!!!
新作も絶対に絶対に観に行くぞ~!