読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shiori

世にも恐ろしい腐女子

【観劇】龍よ、狼と踊れ Dragon,Dance with Wolves

椅子の座り心地が最高、ということでおなじみのCBGKシブゲキ!!で、「龍よ、狼と踊れ Dragon,Dance with Wolves」を観てきました。

 

2015年の新撰組人狼を観たとき、本当に最高の展開で忘れられない経験になったので、あの新撰組にまた会えると思うと楽しみで仕方なかったー!

今回、人狼も観たかったのですが、予定が合わずに泣く泣く断念しました。本当、観たかったなあ。

 

◆ストーリー 

公式サイトにあるとおり、幕末が舞台。

ハジメという名の青年が、清から来たお姫様の護衛をしながら京に上っていく、ボーイ・ミーツ・ガールなお話です。

ハジメは侍になりたい田舎の男の子。
彼が清のお姫様を守る役目を与えられた理由は語られていなくて、出自も背景も詳細不明。ただ、ハジメのアツさはまさに少年漫画の主人公って感じ。ハジメ役の赤澤遼太郎さんが事前番組で言っていたとおりだなあと思った。
泣いて、怒って、笑って、叫んで、赤澤さんは大変だと思われるけど、そんなの感じさせない強さがありました。

ストーリー展開はもうめちゃくちゃ荒唐無稽なんですけど、舞台の荒唐無稽さというより、こちらも少年漫画の荒唐無稽さに近い気がする。

今あえて荒唐無稽と書いたのですが、これは批判しているわけではないです。あり得ないことが起きる展開は舞台や漫画の楽しみの一つだと私は思っています。リアルさがいい物語の指標とは限らないですし。

ただ、漫画には漫画っぽい荒唐無稽さ、舞台には舞台っぽい荒唐無稽さがある気がしていて、今回の舞台は漫画みたいな話だったな、と思った。物語の飛び方とか、キャラクターの設定とか。

 

◆キャラクター

新撰組人狼の記憶があるからか、新撰組が出てくると勝手に「久しぶりー!」って気持ちになってしまう。

特に、三バカと呼ばれていた藤堂平助原田左之助永倉新八の3人の力の抜け具合がすきだ~。中でも、のらりくらりとしてて本気さを見せない(見せられない?)藤堂平助役の川隅美慎さん。派手じゃないんだけど、なぜだか今回一番印象深かったです。

清のお姫様役の對馬桜花さんは、声がかわいらしい~!
カーテンコールは舞台の雰囲気を引きずってきりっとした表情のままの人が多かったので、その中で對馬さんがにこっと笑ってくれると、なんだかうれしくなってしまった。

主演の赤澤遼太郎さんは、一本気でポテンシャルが高くて、青臭くてアツい男の子を、まさに熱演!という感じで演じていた。

とってもかわいいお顔をしている赤澤くんですが、前髪を上げて髪の毛をぼさぼさにしているのと、むき出しの二の腕の筋肉がすごいから、男の子感強かったなあー。

必死さとか、まっすぐさとか、そういうのがよく合う役者さんなのかなって思ったけど、「おそ松さん」のときはきゅるるーんとしたトド松役をぴったりと演じ上げていたので、演技力がある人なのだろうなあと感じます。

 

そして、最後に…どうやらこの舞台は長いお話の第1部って感じなのかな??終わり方がそんな感じだったので。

続きが気になる終わり方だったので、期待して待とうと思います。

【観劇】beats per minute

bpm10周年、おめでとうございます!

10年って短くも長くも感じるけど、「人と人が集まって何かをすること」を続けるにはものすごく長い時間だと思うので、本当にメンバーのみなさんにはこんなに長い間すばらしい作品を生み出し続けてくれて感謝しかないです。本当にありがとうございます。

ということで、10周年記念公演の「beats per minute」を観た。

完全新作でメンバー5人だけの舞台、楽しみでしかない!と意気込んで観劇した結果、本当に楽しかったよお~としかいいようがない素晴らしい作品でした。

劇場は赤坂REDシアター。
初めて足を踏み入れた劇場でしたが、まさに小劇場。追加席で階段にパイプ椅子が並んでおり、狭い狭い。でも、その狭さが「舞台を観に来たぜ!」感をあおるのはなぜなのか。

とにもかくにも、席について舞台上を見ると、そこには建物の一室のようなセット。人が住んでいる部屋ではなさそうだし、オフィスでもない。なんとなく荒れた雰囲気の場所を眺めつつ、どんなお芝居が始まるのかわくわくしながら待つのは、オリジナルの舞台ならではの時間だと思った。

 

◆ストーリー

DVDも発売されるし、また再演されることも祈って、やっぱりストーリーに関するネタばれは控えておきたいと思います。

けど、笑ったりしんみりしたりどきどきしたり、90分という短い時間だってことが信じられないほどの満足感だったことだけは大きな声で言いたい!

bpmの舞台でいつも感じる、ちょっとしたことが実はめちゃくちゃ重要な伏線で、最後にそれがあれよあれよと回収されていく驚きと爽快感。これは本当に癖になるやつですけど、当然ながら今回も「あっ!そういうこと!?」と言いたいことが何度もあり。
私は残念ながら1回しか観られなかったけど、何度も観たら、観た回数だけ楽しみがあるんじゃないかな~。

もう少し、具体的なストーリーに触れない範囲でちょっと書くと、チーム物です。そしてピカレスク
みんなで協力してコトを成し遂げるチームの姿を、演じる方も観る方も当然bpmと重ねざるを得ない。最後は爽快なラストが待っているわけですが、メンバーの皆さんのbpmへの愛情と「これからもおもしろいことやったるぜ!」っていう気持ちが伝わってくる気がして、とっても高揚しました。

あと、自分の目で見たり調べたりもせず、テレビやネットで流れる情報だけを信じてる人たちへの風刺的なメッセージを感じた。

 

◆キャスト

ここ最近のbpmの公演は主演を外部の人が務めていたり、メンバー全員は出ていなかったり、という感じでしたが、今回は5人だけなので当然主演もメンバー、脇を固めるのもメンバー、という豪華さよ。

ビジュアルについてはbpmの公式ツイッターで投稿されていた写真を観ていただくとおわかりかと思いますが、みんな黒ずくめ。

その中でも、浅沼さんのピンクめの明るい髪のサイドをきっちり撫でつけて、コートにスーツ、輝く革靴、その姿まじでイイー!って感じです。冷酷そうでいて茶目っけのあるキャラクターもよかったあ。

NAO-Gさんは、顔が小さいんだー!そして手足も長い。常人離れしていて怪しさ満点。そのわりに、言うことややることがかわいい。
強面だけどとってもかわいい人、みんなに愛される人、というのが伝わってきた。

菊地創さん。これは褒めてますけど、小悪党!って感じの役が本当に似合う。創さんだけ加入が遅い、ということが作品の中でもほんのりといかされていた。

マサミさんは目がくりくりでかわいいから、明るくて元気!みたいな役が似合うようでいて、なんか明るくて元気なんだけどそれだけじゃなかったー!?やべー!みたいな役が似合う、と思った。ペルソナ4のときの足立とか。今回は足立とは違う意味で「この人やべーじゃん!!」という役柄だった。

マサミさんが演じたのは、そこにいると場が明るくなる「陽」の気質のキャラクター。この人の「陽」のパワーはどこから出てきているものなのか、もっと長く観ていたいなあと思いました。そして、この「陽」のパワーがあれば、きっと何があってもこの人は乗り越えていくのだろう、と、そう思った。

 猪狩敦子さんが喋り出すと、いつでも私の視線は一気に持っていかれる。背が小さくて細くて、さばさばとした雰囲気だけど、とても女性らしい人、というイメージ。bpmのリーダーであり、作品内でもチームのリーダーを演じていた。

アコさんが演じる女性の過去が物語の中で重要な役割を果たすのですが、彼女の言動を見ていて「出来事に対する一般的な評価」よりも「自分の気持ちを信じる」強さがある人なのだと思った。

誰かに何かを言われるから、とか、こういうときにはこんなことを言うのが一般的だ、みたいな周りの評価に操られがちな私には、その強さが本当に眩しかったです。

 

あとはツイッターで呟いたこと。

bpmの舞台はいつも観終わった後、人生って捨てたもんじゃないし私の人生も素晴らしいものにできる気がする!って思わせてくれる。今回もそうだった。

かつては、コメディはもちろんのこと、どんな舞台でも笑える場面は楽しくて好きだな〜ってことしか考えてなかったけど、bpmの作品を観ていると、ただ楽しい気持ちになるだけじゃなくて、苦しくて辛い日々にも笑っちゃうような楽しい出来事はあるんじゃない??って言われているような気持ちになる!だから、劇場から出る時には「生きてくって楽しいことじゃん!」って思えるんだな〜。

 

bpm10周年、本当におめでとうございます。

これから先も、たくさんの素晴らしいアミューズメントを生み出してくださることを、心から楽しみに待っています。

【観劇】舞台「青の祓魔師」京都紅蓮篇


舞台「青の祓魔師」京都紅蓮篇(青エク)観てきました。

原作の京都編の2度目の舞台化。
青エクの京都編は本当におもしろいし、演出の西田さんの殺陣もいつもかっこいいので期待して行ったのですが、本当にとってもよかったです!

とにかくキャストが全員最高にすてき~!という感じ。
ビジュアルが出た時点で、北村諒さんの燐と宮崎秋人さんの雪男は最高にぴったりだし、松村龍之介さんの金造はすごくかっこいいし…で期待高まっていたのですが、生で見ると全員本当によかったーー!よかったよーー!

北村くんはもはや西田さんの舞台ではおなじみなので、うまくはまるんだろうな~という絶対の安心感がありました。
とはいえ、個人的には燐のような「ジャンプの主人公!」みたいな役を演じている北村くんを観るのが初めてだったので、どんな感じなんだろう??と思いつつ。
実際に観た北村くんの燐は、にかっと笑う笑顔とまっすぐに周りに向かう態度が印象的な、まさに奥村燐でした。
そして、とっても美しい男の子!!!!

ちなみに、私が観た回では、北村くんが喉をやられていて声がかすれてしまっていたのがとっても残念でした。
すごくいい燐だったからなおさら!
原因はど素人の私にはわからないですが、叫ぶ演技とか、声の出し方がいつもと違っていて、無理がかかりそうな感じだったかな…?
最近の2.5次元舞台では、俳優さんが声優さんの演技に寄せようとしているのかな?と思うことが結構あって、原作好きとしてはすごくうれしいし感動するのだけど、別人が演じていることはわかっているのであんまり無理しなくていいよーと無責任に思ったりして……。

秋人くんの雪男は本当に雪男!まさに雪男!
眼鏡もホクロも、エクソシストの制服もぴったりで、まさしくそこにいたのは奥村雪男そのもの!
青エクでは雪男が一番好きなので、本当に出てくるたびに興奮しました…。
藤堂三郎太と戦うシーンでは、雪男の孤独と苦悩、父と兄への気持ちが見ているのも苦しくなるぐらい伝わってきてしんどかった…。

ほかの出演者の中で、特に印象に残ったのは、しえみちゃんと蝮!

しえみちゃん役の前田希美さんは、見た目がかわいいのはもちろんのこと、声もすごくかわいくて、しかも聞き取りやすかった~。
必死になってにーちゃんを呼ぶ姿は、まさに「しえみちゃんがいる…!」と思いました。
あとねー、本当に脚が細い…!足!足細い~!!って思いながら、ずっと凝視してました。

蝮役の田野アサミさんは、配役が発表された時点で、めっちゃ合う!と思っていたのですが、やっぱりすごくぴったりでした。
2.5次元舞台に次々出ていらっしゃいますが、どの舞台でも田野さんが演じるって思うと楽しみになる。
本当にすてきな人だ~と思います。

結構前の方のサイドシートだったこともあり、途中舞台上で何が起きているのかわかんない~!ということもあったのですが、キャストの素晴らしさもあって、あんまり気にならなかったです。
ただ、原作を知らないと「これどういう意味?」と思うセリフや場面も多そうだったので、もしも再演などあれば原作を一読してから観るのがオススメ!です。
原作もめっちゃおもしろいし、アニメもやるので!

とってもよかったので、ぜひとも京都編の先のストーリーも舞台化してほしいな~。

【観劇】K ―Lost Small World―

舞台『K ―Lost Small World―』(ロスモワ)観てきました。

舞台「K」第3弾は、アニメになっていない原作小説の舞台化。
伏見猿比古と八田美咲が出逢い、絆を結んで、決別するお話です。

もともとアニメKファンで、更に言うと伏見がとても好きなので、ロスモワが舞台化されるのがとてもうれしく、わくわくしていました。
ただ、正直、ロスモワは2人が決別するお話なのでどうしても若干の重苦しさがあり、一緒に観に行く友達(舞台好きでアニメKはざっとしか見ていない)にも楽しんでもらえるか不安が……
でも、終わってみたら、そんな不安は超超超・杞憂だった!
「今まで観たKの舞台3作品の中でも一番楽しかったかも」と言ってもらえてよかったー!
私も本当に本当に心の底から楽しみました!!!

あらすじは原作のロスモワのとおりです。

まず、とにかく伏見役の安西くんと八田役の植ちゃんの演技が本当にすごかった!!
本当に伏見と八田がそこにいる…という感じ。中学の制服もすごく似合っててかわいかった~!笑
2時間まったく集中が途切れず、夢中になって観てしまいました。
なかなかここまで集中することもないので、観終わったときの満足感がすごかったです。
2人とも、ふとした表情や喋り方までまさにキャラそのもので、「八田と伏見はこんな感じで喋って、仲良くなって、あの世界を生きていたのだなあ」と心に沁み入ってきました…。
文字を読んでいるだけだとなかなかこういう感情は生まれないので、生身の人間が演じる舞台ならではの感覚、面白みだと感じます。

とはいえ、長編小説を2時間の舞台に縮めるには、削る場面、セリフも出てきますよね。
とても素晴らしい作品だっただけに、もっとじっくり長い時間かけて観たかった…という気持ちにもなったり。
例えば、伏見がゲームで先輩を倒す場面や伏見が宗像をすごいと思ったパズルの場面など、描写やせりふが原作から削られているので、小説を読んでいない人には何が起きているのかがわかりにくかったかもなあと思った。
特に、パズルの場面は、猿比古が初めて父・伏見仁希以外の人間を「すげぇ…」と思うシーンなので、もっとじっくり観たかったな~。

仁希といえば、伏見仁希役の荒牧くんも、本当に本当に素晴らしかったです。
アニメにも登場しないので動いて喋る仁希を観たのは舞台が初めてになりますが、小説から想像していた伏見仁希そのもので感動…!
荒牧くんはクロと仁希、まったくタイプの違う2人をそれぞれ完璧に演じていて、本当に素晴らしい才能を持った役者さんなのだなあと感じました。
あんなに顔が整っていて美しくて、才能もあるなんて奇跡でしょ~~本当にその存在に感謝…

そしてそして、伏見仁希役が当日まで発表されなかったことや荒牧くんがクロと兼役をすることについて、いろいろご意見もあると思います。
個人的には早くキャスト発表されないかな~とは思っていたけど、それ以上の気持ちはあんまりなくて。
ただ、荒牧くんのブログを読んでいると、非がないキャストの方をこうした不安な気持ちにさせてしまったり、気遣うような発言をさせてしまったりしたことは非常に残念だな…と思いました。
本当にこちらとしては、荒牧くんの仁希とクロ両方を観れて嬉しい気持ちがとても強いので、本当に感謝と応援する気持ちですっていうことが伝わればいいなあ、と思う次第。
アンケートにも書いてみたけど…伝わりますように…

なんだか、舞台を見てから、改めて猿比古についていろいろ考えることができていて、とっても楽しい!
安西くんは本当に本当に最高の伏見猿比古だ……!
セプター4に入るって決めてから、一気にアニメ1期の猿比古の喋り方、態度になっていくのが本当によかった~;;
仁希の亡骸に怒りをぶつけるシーンも最高でした…猿比古の仁希に対する怒り、憧れがぐちゃぐちゃになった感情が爆発した演技…最高…

そうそう、アイドルKもよかったです!
歌って踊る伏見くん、気怠そうなところもキレキレのダンスもきれいな歌声も、最高に伏見猿比古でした!!!
ただ、ロスモワとの落差が激しかったのと、アイドルK自体の時間が短かったので、頭が混乱したまま終わってしまった感あり…
今度はアイドルKだけで観たいな~~

あっという間に東京公演が終わってしまったのが本当に残念なので、ぜひともロスモワ再演希望です!!!
劇場版も、アニメ2期も、そして他の原作小説も、何とか舞台化してもらいたい…
これからもKを追いかけていきたいです。

【観劇】CLUB SLAZY ―Another world―

『CLUB SLAZY ―Another world―』観てきました。

独特の世界にどっぷりハマった~!という感じ。
新宿FACEという会場も普通の劇場とは違う雰囲気なので、いつもの観劇とは違うな!という気分が盛り上がりました。

今回は、Qの語りを中心に、現在と3年前のCLUB SLAZYを行ったり来たりする構成。
Actが自分探しの旅に出た理由と彼の現在も知れます。

3年前のナンバー1Willを演じた東啓介くんは本当に手足が長い…!
美しい顔立ちと相まって、その場にいるだけで『この人はきっと神様に選ばれた人だ……!』という圧倒的な感動があります。

ナンバー2のV.Pを演じたkimeruさんは、本当にいつどんな役でも素晴らしくて「観れてよかった!」と思わせてくれる方。
今回も歌も演技もすてきでした。

Willはとても心が弱くて、他のslazyと比べると控えめ。V.Pの後押しがあってようやくステージに立っている感じ。
結局、その弱さが彼にCLUB SLAZYを捨てさせる原因となってしまう。

追われる恐怖に怯えるWillの弱さ、私は共感するものがありました。
何も考えなくてもよい世界に惹かれてしまうときは誰にでもあると思うし、それがwillのような人なら尚更だよね、と。

そしてActもまた、とっても弱くて悲しい人だった。
Eyeballの身に起きたことも悲しいし、自分がEyeballだったら本当につらいと思う。
彼の身に起きたことが、いつか自分の人生にとって意味のあることだったと言ってもらえたら…と思っております。

ところで、千秋楽にはCB様も出演されたとか…!観れた方うらやましいです!!!
新作も絶対に絶対に観に行くぞ~!

【観劇】あんさんぶるスターズ!On Stage

あんさんぶるスターズ!On Stage』(あんステ)観ました。

よかった~!!!よかった~~~!!!
よかったよ~~~!!!

かれこれ2日ぐらい経っているのに、いまだに「よかったよ~」が止まらないぐらいよかったです。

先に観た友人たちから「最高」という感想をもらっていたので、期待しながら行ったのですが、やっぱり話だけ聞くのと観るのでは全然違う。百聞は一見に如かず。
かわいいが溢れていた。

ストーリーはゲームのメインストーリーをなぞっていて、個人的には「駆け足過ぎ」とも「ゆっくりすぎ」とも思わない、ちょうどいいテンポでした。
効果音とかBGMはゲームの通りで、しかも背景の映像もゲームのままだったのがよかった~。
ゲームとの一体感を大切にしているんだな~という安心感があった。

あと、個人的に素晴らしかったと思ったポイントは、
・キャスト
・ライブ
・衣装
の3つ。

キャストはみなさん「ゲームから抜け出てきた…?」というぐらいぴったり。
というか、「あーー!脚ながっ、長っ!脚が長い~!!」とか「か…かわいい…」とかいう驚きに満ち溢れており、ただ感謝感謝。
尊いとはこのこと。
皆さんふとした動きなんかもキャラそのもので、キャラのことを考えて演じてるんだなあ…と感動することしきり。
特に、Knightsの2人はストーリーに深く絡まない立ち位置上、アドリブも多めで自由に演じてる感じでしたが、だからこそ「うわっ、本当にキャラが言いそうなこと・やりそうなことそのものだ~!」とびっくりしました。

ライブはKnights以外ユニット曲を歌う場面があったのですが、ゲームでは見られないライブシーンを実際に観れるのはやっぱり感動しますね。
ゲームでみんなが頑張ってやっていたライブって、こんな感じだったんだーーー!!!最高ーーーー!!!

どのユニットもそれぞれめっちゃ素晴らしかったけど、超個人的な好みではUNDEADがすごく印象に残った…
振付がすごく合っていたし、なにせ朔間零の脚が長い。他のメンバーももちろんかっこいい。朔間さんは脚が長い。
すっかりUNDEADの豚です。

そういえば、途中、Knightsの2人がお客さんに「今日は誰を観に来たの?」と質問するシーンがあるのですが、私が行ったとき聞かれた方は「UNDEAD」って答えていたな~。
UNDEAD目当てで観に行ってあの素晴らしいUNDEADに出会ったら本当に興奮で卒倒するのでは?とふと思った。最高。
っていうか、UNDEADはTrickStarを助けてくれる役回りだし、なんかもう好感しかない。返礼祭、舞台で観たいな~~

Knightsは歌わなかったし、今回は出演しなかったユニットもメンバーが全員揃わなかったユニットもあるので、早くも次回作への期待が高まります。

最後に衣装!
ユニット衣装がまた完璧ですばらしかった~!感謝ーーー!!!
再現度が高いのはもちろんのこと、細かいところまでこだわって作ってるんだろうなあ、という丁寧さで安っぽさまるでなし!
中でも、紅月の衣装は踊ると袖が風を含んでひらひらと舞って、それを歌いながら捌く様もいと美し。……感謝ーーーー!!!!!
Rabitsの衣装は最高級の腹チラが…!うっ、かわいい……。ありがとう…でもお腹冷やしちゃだめだよ、しののん…

観終わったあとは、友だちと「最高だったーー!」としゃべり続けて解散
すでに千秋楽のライビュのチケットを取っていた友だちに「絶対取った方がいいよ」と言われて、急いで取りました。
取ったのが遅かったので、かなり前の方の列だけど仕方ない。

思い出しながら書いていても、本当に最高級の2.5次元舞台でした。本当に。
私の2.5舞台の出自がテニミュなものですから、歌がある舞台がとにかく好きなのかもしれないなあ。

【観劇】SHOW BY ROCK!! MUSICAL

2/12の夜、『SHOW BY ROCK!! MUSICAL』観てきました。

舞台のセットがほぼなくてびっくりしたけど、俳優陣のビジュアル再現度がかなり高くて大満足です。ライブもよかったし。

特に米原君のクロウは見た目も歌も声もしゃべり方も完璧では…??という感じ。

ショバロと米原君が同時代に存在していることの奇跡よ……